1.楽器・音楽機材

EWIがPC/macでちゃんと動かないなと思ったら

20160506_01

MIDIキーボードの笛版とも言えるウインドUSBコントローラ「EWI USB」ですが、PC/mac上でちゃんと動かなくなることが何度かありましたのでメモとして残します。

EWI USBのアプリ(ARIA)から認識されなくなる体験記1

EWI USBには、操作用のソフトとしてARIAが付属しています。
このソフト上からEWI USBの運指の設定とか、強弱の設定とかを行えるようになっているのですが、このソフトからEWI USBを認識してくれなくなる事態が発生することがあります。
(Firmware Versionが00.00になった状態)

20160514_01

この状態になると、EWI USBの設定変更ができなくなってしまいます。
この現象の原因ですが、私のところでは、EWI USB以外のARIA Playerを使用しているソフトを同一PC/mac上にインストールすると発生しました。
(GARRITAN WORLD INSTRUMENTS / ARIAを同一PC/macにインストールしたところ上の現象が発生しました。)

そこで、ARIA Playerを一旦アンインストールして、再度インストールしたのですが、それでもうまくいきません。
いろいろ調べてみたところ、ARIA Playerの関連ファイルを根こそぎ削除してくれるアンインストーラがありました。

20160514_02.png

こちらを使用してアンインストールし、再度インストールしたところ、無事EWIが認識されるようになりました。

20160514_03

よかったよかった。

EWI USBのアプリ(ARIA)から認識されなくなる体験記2

その後GARRITAN WORLD INSTRUMENTS / ARIAを使用したい事案があったのでこちらを再インストールしたところ、案の定EWI USBが認識されなくなりました。
仕方がないので体験記1に記載の方法でアンインストール&インストールを行ったのですが、今度は何故かMIDI信号が認識されなくなり、音が鳴らなくなりました。

なんということでしょう…

困ったなと思いながらMIDIの設定を見てみたところ、おや、EWIが2ついる…

20160514_04

下のやつ(EWI USB)がONになっていたのですが、上のやつ(Akai Professional, LCC, EWI-USB)が正解だったようです。
何故こんなことに…と思いながら上のやつをONにしたところ、無事音が鳴るようになりました。

ARIA playerがもっと安定するといいなと思いつつ、EWI USBライフを楽しんでいこうと思います。

スポンサードリンク

EWI USB+モバイル環境実験あれこれ 手軽に持ち出したい!

20160506_01

ウインドUSBコントローラ「EWI USB」をもっと手軽に持ち出したい!と思ってあれこれ試してみました。
結局は大人しくmacに繋ぐのが正解なのかなとは思いつつ…
なお、手軽に持ち出したいため、AudioI/Fは今回不使用としています。

EWI USB+Windowsタブレット(ThinkPad8使用)

★別途必要なもの★
・USB変換アダプタ(USB A-microB)

★使用したソフト★
・EWI USB付属 ARIA Player
(・ASIO4ALL)

○よかった点
 ・EWI本体の設定(運指変更とか)がその場で変更できる(さすが純正アプリ)
 ・レイテンシはほぼ気にしなくて良い(ASIO4ALLのおかげです)
×わるかった点
 ・タブレットがスリープになると途端に不安定
 ・タブレットでARIA Playerが操作しづらい
 ・電源の持ち

Windowsマシンがタブレットになっただけの構成なので、非常に安定的に使用できます。
ただし、タブレットがスリープになった途端とっても不安定になります。
その際、タブレットでARIA Playerが操作しづらいのでアプリの再起動がなんとも面倒です。
タブレットの自動スリープの設定をOFFにしてあげるとよさそうです。
また、ほかのタブレットと比較すると、電源持ちの悪さが気になります。

EWI USB+iPad(iPad3)

★別途必要なもの★
・ACアダプター対応USBハブ

・Apple iPad Camera Connection Kit

★使用したソフト★
Cubasis

○よかった点
 ・レイテンシはあまり気にならない
×わるかった点
 ・別途必要なもののごちゃごちゃ感が気になる…
 ・iPad3が今となっては重い

ACアダプター対応USBハブはハブ部分のみ(ACアダプタからの電源取得不要)で大丈夫でした。
ACアダプター対応でないUSBハブでも大丈夫かもしれません。
コネクタの形状のおかげで、iPadAirではiPad3はCamera Connection Kitのみで使用できます。
その分iPad3の重量が気になってしまうところです。(iPad3:652g、iPadAir2:437g)

EWI USB+iPodTouch(iPodTouch5G) or iPhone(iPhone5c)

★別途必要なもの★
・iPadで必要だったもの(ACアダプター対応USBハブ+Apple iPad Camera Connection Kit)
・Lightning – 30ピンアダプタ

★使用したソフト★
SampleTank
○よかった点
 ・超軽量構成
×わるかった点
 ・レイテンシはやや気になる
 ・別途必要なもののごちゃごちゃ感が半端ない

一応弾けるんですが、レイテンシがちょっとに気になってしまって、快適感が薄いです。
使用するiPhone/iPadTouchがもうちょっと最新のやつであれば、KORG ModuleとかSOUND Canvas for iOSとか使えますし、レイテンシももうちょっと大丈夫ではないかと思います。
もしくはiPadMini+Cubasisであればいい感じに使えそうな気がします。
ハブ+Camera Connection Kit+アダプタの三段尽くしが、故障を呼びそうな不安を生みます。

EWI USB+Androidタブレット(ZenPad7.0 Z370KL)

★別途必要なもの★
・USB変換アダプタ(USB A-microB)

★使用したソフト★
Walk Band

○よかった点
 ・軽量構成
×わるかった点
 ・レイテンシが気になる…

レイテンシが気になるだろうなとは思ったものの、試しに繋いでみたAndroidです。
音は普通に鳴ってくれるのですが、やっぱりレイテンシが気になります。
レイテンシが気にならないようにできればかなり有望な構成なので、今後に期待。
今でもNexus 9とかだと速いかも?

---

思ったよりいろいろなモバイル環境で使えるEWI USB。
今後のモバイル環境にも期待したいです!

スポンサードリンク

[和楽器音源レビュー]お箏記事に「KOTO 13」を追加しました

お箏音源の比較記事:[和楽器音源レビュー]DTMお箏(お琴)音源を聴き比べに「KOTO 13」の記載を追加しました!

↓の部分を追加しています。(追加したKOTO 13の部分だけ、こちらの記事にも掲載しました。)

---2016/02/06追記---

SONICA INSTRUMENTS KOTO 13

SONICA INSTRUMENTS社によるお箏専用音源です。

参考:製品公式ページ

<特徴>
とっても上質なお箏音源です。要KONTAKT(KOMPLETE)。古典スケールモードという音を白鍵のみに割り当てる機能があり、お箏らしいグリッサンドが超簡単に弾けるという優れもの。お箏っぽいフレーズがささっと作れます。もちろん、一般的なクロマチックモード(ドを弾いたらドが鳴る、ド♯を弾いたらド♯が鳴る)モードもあります。トレモロの音量はCC1で調整できます。(CC1が小さいほど音量が大きくなります。)
<各種奏法>
○:基本奏法
○:擦る奏法(28秒あたり)
○:押し手・ヒキ手等ピッチベンド系
○:流し爪等グリッサンド系
○:トレモロ(12秒あたり)
○:ピチカート
---2016/02/06追記おしまい---

スポンサードリンク

オンラインで和声が学べる「和声の祭典」がおもしろい

洗足学園音楽大学の洗足オンラインスクール内にあるオンラインで和声が学べるWEBアプリ「和声の祭典」で最近遊んでいます。

サイズ的にスマートフォンではちょっと無理がありますが、タブレットだと全く問題なく使えます。
iPadやAndroidタブレットだと「再生」のときの音がちゃんと鳴らないのですが(和音にうまく対応していないので)、Windowsタブレットだと再生もいい感じでした。
いつも「Windowsでしか使用できないソフトを使うためのリモートデスクトップ用」としてしか使用されていない不憫な我が家のWindowsタブレットですが、単体でのWindowsタブレットにようやく出番が来た!!と思いながら使っております…。
2015年の9月頃にリリースされました。

20160122_01

全部解いて「評価を表示」を押すと、↓のように採点してくれます。
指摘があったところについては、「もどる」を押すと修正できるようになるので、いい感じになるまでやり直しができます。

20160122_02

和声の書籍に比べるとかなりとっつきやすいので、和声の基礎を身に付けるのにとってもよさそうです!!
(私自身、だいぶ適当にやってる節があるので、ちゃんと身に付けたいと思います…という反省の意も込めて、ご紹介させていただきました。)

スポンサードリンク

見た目買いヘッドホンQ701のゆるいレビュー

ヘッドホン新調したいなあと思っていたら、やたら緑色のを見かけたので買ってしまいました。

オーストリアの音響メーカー、AKGのヘッドホンQ701。クインシージョーンズモデルとのことで、デカデカと写真が。

箱から出してみるとこんな感じ。篠笛や尺八の息遣いから、チェロの弓捌きまでよく聴こえます。聴きなれた音源も、なんだかよりいい感じに聴こえてきます。

オープンエアなので音漏れしまくりです。外出時に使ってはいけないやつのようです。外出時はイヤホン派なので持ち出し予定は特にないです。

後から知ったことには、頭頂部にあるコブがなんか痛いという評判。個人的には大して気になりませんでした。

普通の長さのケーブルと、やたら長いケーブルがついてきます。3メートルと6メートルらしい。ケーブルがお取り替えできるのもいいですね。(断線のときとか)

お気に入りの道具で、楽しい音楽時間を過ごしていきたいです!

スポンサードリンク
1 / 612345...最後 »

音楽素材お品書き


ブログ記事お品書き

スポンサードリンク